キャリアコンサルタントのための
マッチング・ポータルサイト
きゃりぽ

キャリアコンサルタントのためのマッチング・ポータルサイト
きゃりぽ

2021.05.18 インタビュー

更新:

キャリコンインタビュー 玉木 健二さん

澤田

昨年コラムをご寄稿頂いた玉木健二さんに、パラレルキャリアの魅力、本業との両立方法、パラレルキャリアの活動などについて詳しくお話を伺いました。

また、パラレルキャリアの魅力についても教えて頂きました。

  1. キャリコンインタビュー 澤田 有賀里さん
  2. キャリコンインタビュー 唯吉 久美子さん
  3. キャリコンインタビュー 中村 英泰さん
  4. キャリコンインタビュー 櫻木 友紀さん
  5. キャリコンインタビュー 天野 裕介さん
  6. キャリコンインタビュー 石川 恵美子さん
  7. キャリコンインタビュー 本木 和子さん
  8. キャリコンインタビュー 河本 仁美さん
  9. キャリコンインタビュー 玉木 健二さん
  10. キャリコンインタビュー 岡野 顕子さん
  11. キャリコンインタビュー 古澤 真木子さん
  12. キャリコンインタビュー 相田 良子さん
  13. キャリコンインタビュー 久保 美紀さん

これまでのご経歴を教えてください。

新卒でインフラ企業に入社し、営業、サービス、人事部門を経験し、28歳の時に労働組合の執行委員に推薦され40歳までの12年間勤めました。
特に本部での8年間では、労働条件や経営方針に関して社長はじめ経営層との交渉、組合員への教育などに携わり、「組合員一人ひとりの幸せの実現」という労働組合の精神が自身の価値観形成に大きな影響を与えたと思っています。

直近では、広報課長を約4年間勤め、自社の新聞記事やテレビ放送の件数を4倍にまで増加させることができました。
これは継続的に県下マスコミへの情報発信を心がけたことと、記者一人ひとりとの「ご縁」を大切に育ててきたおかげだと思っています。
現在は、地域共生に係る仕事に従事しています。

大手企業でキャリアを着実に積み重ねてこられた玉木さんが、キャリアコンサルト資格を取得されたきっかけを教えてください。

40代後半の時に仕事でとてもショックなことが起きました。
総じてそれまでは順調な会社員生活を過ごしていたこともあり、自信を大きく喪失し、自己否定や他者への不信感が芽生えるなど、とても苦しい数年間を過ごしました。

しかし今思えば、とことん凹んだ時こそ、これからの人生を考え直す貴重な機会になっていたと思います。
そうした時期に会社の研修を受講する機会があり講師の方がキャリアコンサルタント(以下、キャリコン)で、資格のことを知り、とても興味がわき勉強してみようと思いました。

キャリコンの学びが私にとっては大きな「転機」となり、寄り添い話を聴いてくれる仲間との時間を通して「自分がどうありたいのか」という素直な気持ちに気づくことができました。

キャリコン資格以外にFP2級、心理相談員の資格をお持ちですが、取得された理由を教えて頂けますか?

人生を考えるには、自身のお金の収支を正確に把握することが大切であり、そのために時間の使い方や使い方に工夫が必要だと思い、最も身近なFP2級を取得しました。

心理相談員については、心とからだの健康づくりは働く人の基本であり、特にメンタルヘルスケアは重要な柱であることをこれまでの経験から痛感し、その支援が行えるように取得しました。

「仕事支援」・「くらし支援」・「こころの支援」の3つの支援を柱に当面パラレルキャリアの活動を進めていきたいと思っています。

玉木さんが「パラレルキャリア」を考えるきっかけを教えてください。

50歳を迎えるころから将来のことを考え、「何か仕事以外の活動をしたい」と思いつつも、できていない自分に焦りを感じるようになっていました。
たまたま地元の広報誌で“歴史博物館の案内ボランティア”の募集を見つけ、「これで何かが変わるかもしれない」と思い応募しました。

休日を利用しての活動で、覚えることも多く大変なこともありますが、様々な「もの知り博士」との出会いがあり、仕事と関係がないこの時間はワクワクがとまりません。
そして地域の風土や歴史などに関わる活動は本業にも活きており、この活動が「パラレルキャリア」のきっかけだと思っています。

いつか学芸員資格を取得し、どこかの博物館で案内等のお手伝いが出来たらもっとワクワクできるのではと思っています。

“歴史博物館の案内ボランティア”の他にどのような「パラレルキャリア」の活動をされていますか?

主に休日や終業後の時間を活用して キャリア開発、コミュニケーション、ハラスメント等のセミナー講師、オンライン1on1(サポーター)、NPO(大人のキャリア支援室)事務局活動等をしています。
また広報での経験を活かし、岐阜県経営者協会の登録講師もしています。
(企業広報のノウハウをお伝えするセミナーに登壇予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で中止になりました)

そして5月には、勤めているグループ企業全体の組合員を対象とした「キャリア開発セミナー」を開催予定です。
今回のセミナーはグループ企業の新規事業のひとつで、私にとって「これまでのパラレルキャリアの活動をグループ企業が評価してくれた」ということと、「いよいよ自分が会社に貢献できる機会がきた」といった、とても大きな意味を持つ企画です。

ご勤務されている会社に兼業制限があると伺いましたが、どのように本業と社外活動を両立させているのか教えてください。

やりたい活動が見つかったら「社外業務就任の申請」をします。
無報酬であっても、例えば社名が出る可能性があれば必ず申請をしています。
そのほうが堂々と自信をもって活動ができます。

手続き以外に心がけていることは、上司や周囲の仲間に社外活動について理解してもらうことです。
そして何より「本業で結果を残すこと、努力すること」が周囲からの理解を獲得するために最も効果的だと思っています。

本業の名刺以外に、2枚目の名刺をお持ちと伺いました。どの様な名刺なのでしょうか?またその「2枚目の名刺」はどのように活用されているのか、教えてください。

表面は資格と名前と写真を載せ、裏面はプロティアンキャリアの紹介をしています。
「2枚目の名刺を持つと活動範囲が広がり、アンテナが高まり、会話のきっかけとなるネタ(話題)が増える」ということを本で知り、作成してみたところ、その効果を実感しています。

広報課長時代は、地元の新聞社やテレビ局をよく訪問しました。
面談相手の多くは経営層や管理層であったことから、マネジメントやハラスメント等の話を持ち掛けたところ、悩みが出るわ出るわ・・・(笑)。

タイミングを計って「2枚目の名刺」をお渡ししたところ、「玉木さん面白いなぁ」と興味を示して頂き、部下についての悩みなどを話して頂くこともありました。
仕事の話では30分も持ちませんが、気がついたら2時間以上、そのまま居酒屋での延長戦ということも数多くありました。

2枚目の名刺のおかげで多くの人脈ができ、今も大切に育てています。いろいろと想像しながらこの名刺を作成している時がとても楽しいひと時です。

この「2枚目の名刺」を何かに例えるとしたら、何だと思いますか。

うーん、考えたこともなかったですが、いい質問ですね。
トランプの「ジョーカー」でしょうか。
ジョーカーと2枚目の名刺には次のような共通点があると私は思います。

一つ目は、出すタイミング、出す相手の見極めがとても重要であるということです。
最強カードであっても、出し間違えると自爆しますよね。

二つ目は、時にルールを逸脱してゲームを面白くしてくれます。
話題が本業から外れることもありますが、結果仕事がとても楽しくなります。

そして三つ目は、変幻自在のカードであるということです。
2枚目の名刺もアイディア次第です。
なんと言っても「出すときのハラハラ感、ドキドキ感」がたまりません!

玉木さんが考える、「パラレルキャリアの魅力」について教えてください。

パラレルキャリアの魅力は、例えば「小さく夢を始められる!」、「人脈や経験が広がる!」、「定年が怖くなくなる!」等いろいろあると思います。

今の私には「本業が楽しくなってくる」ということが一番の魅力だと思います。
その理由は、本業に加え「もう一つの立ち位置」ができたことによる心の「安心感」、一本ではなく「二本の脚」が自分自身をしっかりと支えてくれている「安定感」があるからだと思います。

「本業と社外の活動が相乗効果を発揮して人生をより豊かにする」そんなパラレルキャリアの魅力を日々感じています。
昨年11月に登壇したセミナーを地元メディアに取り上げてもらいました。
それを見た何人かの友人から「これって副業なの?」と聞かれ、私は「うん、福業だよ!」と答えました。

そう、「福」(ハッピー)業! 「副」(サブ)でも「複」(マルチ)でもありません。
無報酬でも、そこから得た学びや経験や人脈は、お金以上の価値が生まれる、そして「本業での収入があるからこそ、安心して将来を見据えた活動が始められる」と私は思っています。

2枚目の名刺の裏にプロティアンキャリアの説明を記載されているそうですが、コロナ禍において、プロティアンキャリアをどのように目指していったらいいでしょうか?

終身雇用の崩壊、会社寿命の短命化等の中にあって今回のコロナ襲来、これにより社会は大きく激変しました。
企業に働く一員として「一つの会社に自分の一生を預けるのは難しく、自らの責任でキャリアを設計していくこと」が大切だと改めて思います。一方で、こうした変化に適応するには「プロティアンキャリア」理論を学ぶことが有効だと考えます。

その理由は「環境変化を前提とする」、組織ではなく「個人を主体とする」、地位や給料ではなく「心理的な成功を重視する」、組織で生き残ることより「市場価値を重視する」からです。

変幻自在な理論であるからこそ実践が難しい面もあると思いますが、私はこれまでお伝えしたパラレルキャリアの活動を通じてプロティアンキャリアを目指していきたいと考えています。

今後のキャリアプランや目標などがありましたら、教えてください。

私もあと数年で60歳になります。
会社の「定年」は自分では決められませんが、仕事つまり現役としての「定年」は自分で決めることができます。
会社の定年後は楽しく自分らしく働きたいですよね。
でも多くのシニア層はその準備ができておらず、準備に取りかかろうとしても、そう簡単には始められません。

なぜなら同世代の多くは未だ会社を頼り切っているからです。
そういう私も少し前まで「大手企業だし、あと数年だったら逃げ切れるだろう」と思っていました。
ですから身近な目標として「同世代のロールモデル」の一人になりたいと思っています。

長年企業に勤務した者同士だからこそ分かり合えることが多々あります。それはかけがえのない財産です。
「玉木の生き方、なんか考えさせられるなぁ」、「ちょっと話を聞いてみよう」そんな軽い感じから関われるといいなと思っています。
そのためには「自分の強み(背骨)」をしっかり作りあげたいと思います。

強みはやはり本業で培ったスキルや経験そして人脈等、その強みとキャリコン等の活動を「たし算」ではなく、「かけ算」で広げることができれば、自分だけの「オリジナル商品」が出来上がると思っています。

最後にきゃりぽに登録した感想を教えてください。

私はコラムへの寄稿の際に登録させていただきました。
500人以上もキャリコンが登録するサイトの企画に驚くとともに、運営する皆さんのご尽力に深く感服しています。

「きゃりぽ」さんに登録させていただいたこと、大変感謝しておりまして、それはコラムへの寄稿やプロフィールを作成するにあたり、これまで実施した棚卸し等を再度見直し、自分について深く掘り下げた結果を文章にすることで、新たな発見がいくつもありました。

またSNSで掲載したコラムを紹介したところ激励コメントを多くいただき、とても嬉しかったです。
そしてセミナーでこのコラム内容を紹介したところ、参加者から「胸にグッとくるものがあった」といった感想がアンケートに記載されていました。

とても貴重な機会をいただいたこと改めてお礼申し上げます。

澤田

こちらこそご協力頂き、感謝しております。
本日は、貴重なお話をおきかせくださり、ありがとうございました。


インタビューを受けてくださったキャリアコンサルタント

玉木 健二

>詳細


  1. キャリコンインタビュー 澤田 有賀里さん
  2. キャリコンインタビュー 唯吉 久美子さん
  3. キャリコンインタビュー 中村 英泰さん
  4. キャリコンインタビュー 櫻木 友紀さん
  5. キャリコンインタビュー 天野 裕介さん
  6. キャリコンインタビュー 石川 恵美子さん
  7. キャリコンインタビュー 本木 和子さん
  8. キャリコンインタビュー 河本 仁美さん
  9. キャリコンインタビュー 玉木 健二さん
  10. キャリコンインタビュー 岡野 顕子さん
  11. キャリコンインタビュー 古澤 真木子さん
  12. キャリコンインタビュー 相田 良子さん
  13. キャリコンインタビュー 久保 美紀さん
無料会員登録はこちら
別の記事を読む