キャリアコンサルタントのための
マッチング・ポータルサイト
きゃりぽ

キャリアコンサルタントのためのマッチング・ポータルサイト
きゃりぽ

2021.01.25 インタビュー

キャリコンインタビュー 河本 仁美さん

今回は、キャリアコンサルタント資格取得を目指されている(2020年11月26日現在)河本仁美さんのインタビューを掲載いたします。コロナ禍での資格勉強方法、キャリコンを目指す理由と今後のキャリアプランなどについてお話を伺いました。

  1. キャリコンインタビュー 澤田 有賀里さん
  2. キャリコンインタビュー 唯吉 久美子さん
  3. キャリコンインタビュー 中村 英泰さん
  4. キャリコンインタビュー 櫻木 友紀さん
  5. キャリコンインタビュー 天野 裕介さん
  6. キャリコンインタビュー 石川 恵美子さん
  7. キャリコンインタビュー 本木 和子さん
  8. キャリコンインタビュー 河本 仁美さん

これまでのご経歴を教えてください。

新卒で大手アパレル販売会社に営業職として入社しました。
社内で初めて採用された女性の営業でしたので、女性営業職の構築にも携わりました。

その後人材会社に転職し、社員採用、教育・研修、そして人材派遣のコーディネーターとして派遣社員の管理に従事しました。
家庭の事情により静岡に拠点を移し、私立高校での講師の経験を経て、メディア広告会社へ転職しました。

ここでは編集長と支局長を10年以上勤め、人材事業に異動しました。
人材事業では、統括拠点長としてメンバーの育成やマネジメント、エージェント及びコーディネーターを兼務してきました。

現在は、フリーランスのキャリアコンサルタント(以下、キャリコン)を目指しています。

キャリアコンサルタント資格取得を目指されることになったきっかけを教えてください。

20代で経験した人材会社での仕事はとても面白く、“自分の天職”だと思っていました。
広告業界でも第一線で働いてきましたが定年前に今後のキャリアについて考えた時、人材に携わる仕事なら長く勤められるだろうと考え、自ら希望して人材事業へ異動しました。

人材事業ではキャリコンが必要になるだろうと思いましたし、定年後にも活用できると考え、資格を取得しようと思いました。

取得に向けて勉強してみていかがでしたか。

周りにキャリコンとして独り立ちしている方がいたこともあり、そういう方々の活躍を見ていて、私も何かできるのではないかと感じました。

しかし、キャリコンの知名度は高くても認知度が低いことにとてもショックを受けました。
キャリコンという名前は知っていても、何をするのか、してくれるのかを知らない人が多く、会社に属しながらキャリコンとして働くというよりは、様々な会社に出向いて「キャリコンを知ってもらう」ということをしたいと考えました。

キャリコンのどんなところを知ってもらいたいとお考えですか?

社員の方が困っている時に、「何に困っているのかを拾い上げ、評価に関わらない立場の人間として一緒に道を切り開いていくことができる存在だということ」「社員の方の満足度、心身の健康を維持、向上が、企業の生産性向上に早道」だという事を知ってもらいたいですね。

キャリコンとしてどのような仕事/活動をしたいとお考えですか?

企業でのキャリア支援、またキャリア支援講師としての活動を考えています。

まだ漠然としていますが、これまでの私の経験が活かせるとしたら、中間管理職が抱える悩みを解消するお手伝いだと思います。
会社がきちんと中間管理職を育てることで、中間管理職は部下を育てることができるようになるはずです。

企業での中間管理職を育てる環境づくりのサポートとして、研修やコンサルティングができたらと考えています。

その他にキャリコンとしてサポートしたい方々はいらっしゃいますか?

特に30歳を過ぎ独身で活躍している、または活躍したいと思っている女性です。

地位も名誉も手にしたが、泣き言を言えない独身女性の支援をしていきたいと思っています。
ロールモデルがいない中で、自分がやってきたやり方しか分からず壁にぶち当たってしまうこともあるはずです。

そういった方たちに寄り添い、一緒に考えていく存在になりたいです。
また自分のキャリアについて考えるきっかけづくりもしたいです。

“自分らしく働くには”どうしたらいいのかを考え、そこに近づくための方法を見つけるお手伝いができたらと思っています。

そういった方たちをサポートしたいと思われた理由を教えてください。

私の部下たちが生きづらそうにしているのを見てきたからです。

能力が高いがゆえに会社やチーム中心の生活でプライベートを犠牲にし、自分の感情にも蓋をして、弱音を吐くこともできず、心身共にボロボロになりながら働き続けていました。

彼女たちのような女性たちの自己肯定感をUPさせ、また新たな道を切り開くお手伝いをしたいと思ったのです。

キャリアコンサルタント資格取得に向けて勉強された感想を教えてください

当初は、人材会社におりましたので簡単だろうと軽く考えていました。

やり始めると理論、人事、労務に関わる内容に至るまで、「全く無理。頭に入ってこない!」お手上げ状態でした。
しかし学ぶうちに、「そういう事だったのか!」と理解できることが多くなり、どんどん面白くなっていきました。

最後の最後まで「自己概念の成長」には悩まされましたが、試験が延期になり自分自身を見つめ直す中で「これが自己概念の成長に繋がっていくのだ」と気づく瞬間があり、とても貴重な時間になりました。

キャリコンの勉強は、“人生についての勉強”も一緒にさせてもらっているような感覚でした。

試験が延期になったということでしたが、コロナ禍での試験対策はどの様にされたのですか?大変だったことはありますか?

養成講座は、全て対面で修了できたことはとてもありがたかったです。

ロープレ対策は、練習会を開催している方たちとご縁があり、ほとんどZoomで練習を行いました。対面での練習は3回くらい参加したと思います。
Zoomでのロープレ対策は、地域を問わず関西や東北の方などの方たちと練習ができ、とてもプラスになったと思います。

一方で回を重ねる毎に試験に関する様々な噂や情報が耳に入り混乱することが多くなり、自分にとって大切なことだけを取り入れるなど情報を精査することが大変でした。

今後のキャリアプランを教えてください。

せっかく学科の勉強をしたので、このまま続けて技能検定2級を受ける予定です。
今後メンタルヘルス等の試験も受け、フリーランスで仕事をしていく道を模索していきます。その他ファシリテーターに関することも勉強したいです。

現在、きゃりぽの「受験生アカウント」にご登録いただいていますが、資格取得後、簡単に「キャリコンアカウント」へ移行できることをご存知でしたか?

何となく存じ上げておりますが、詳しくは分かりません・・・。

澤田: 是非河本さんに「受験生アカウント」から「キャリコンアカウント」へ移行頂いたいと考えていますので、方法を簡単にお伝えします。

キャリアコンサルタント登録証をご準備頂き、きゃりぽのマイページにログインをしてください。

マイページの上部に「キャリアコンサルタント資格を取得された方へ」というバナーが表示されていますので、そこからお手続き頂けます。合格され、登録証がお手元に届きましたら、移行手続きをお願いいたします。

河本 : なるほど。自分で簡単に移行できるのですね。登録証が届いたら早速手続きします。

本日は、試験対策でお忙しい中、貴重なお話を聴かせて頂きありがとうございました。

河本さんは、第15回国家資格キャリアコンサルタント試験に合格されました。おめでとうございます。
キャリアコンサルタントとしてのご活躍をきゃりぽ事務局一同応援しております。


インタビューを受けてくださったキャリアコンサルタント

河本 仁美

>詳細


  1. キャリコンインタビュー 澤田 有賀里さん
  2. キャリコンインタビュー 唯吉 久美子さん
  3. キャリコンインタビュー 中村 英泰さん
  4. キャリコンインタビュー 櫻木 友紀さん
  5. キャリコンインタビュー 天野 裕介さん
  6. キャリコンインタビュー 石川 恵美子さん
  7. キャリコンインタビュー 本木 和子さん
  8. キャリコンインタビュー 河本 仁美さん
別の記事を読む